2019年

9月例会

9月11日(火)東広島商工会議所会館にて9月例会を開催しました。

 

「最高のまち」~東広島のポテンシャル、そしてパワーを~

 

をテーマに、テレビ等でもお見かけする、広島大学准教授の

 

長沼毅氏を講師としてお迎えし、ご講演して頂きました。

 

様々な視点から東広島を見つめておられる講師の講演を通じ、

 

参加者全員がこのまちの良さを再認識できました。

 

特に興味深かったのは水についての話で、一般的な知識として

 

地表面の陸と海の割合(7:3)であることは知られていると

 

思います。しかし、講師は質量と言う視点から物を考えられ、

 

その割合を見ると、地球の質量6×10^24(kg)に対して、

 

水は1.4×10^21(kg)で約0.023%しかないそうです。

 

更には、その水の97%が海水で淡水は3%しかありません。

 

その淡水の約69%が氷河、約30%が地下水で、飲み水として

 

利用されている地表水は0.3%しかないそうです。

 

面白可笑しく講演して下さった長沼氏

 

普段、何気なく利用している水ですが、その大切さを

再認識すると伴に、賀茂大地は太田川、黒瀬川、沼田川等の

源流となっているっており、東広島市は水に恵まれた

素晴らしいまちなんだと痛感することができました。

 

関連記事