2019年

35周年記念事業

8月1日(水)サタケメモリアルホールにて、

 

東広島青年会議所創立35周年記念事業を開催しました。

 

記念事業として、植松努氏をお招きし、

 

「どうせ無理」を「だったらこうしてみたら」に

 

~NASAより近い町工場~

 

の演目でご講演頂きました。

 

この講演は特に中学・高校生に聞いて頂き内容となっており、

 

昔と違い夢を持つことが難しくなった時代に

 

(夢を持っている人をバカにするような世の中)

 

それでも自分の信念を貫くことの大切さ、その信念を貫かないと

 

夢は叶わないと、実体験を交えてお話下さいました。

 

子供達にはもちろん、私たち大人が聞いていても、

 

全くもってその通りだと感じる内容でした。

 

その中で特に印象に残ったのが、「夢」の意味についてで、

 

日本の辞書には「はかないこと」と記してあるのに対して、

 

アメリカでは「努力すると叶うもの」と記されているそうで、

 

国によってこんなにも考え方が異なるのかと思いました。

 

確かに、良く言うと協調性のある日本において

 

この講演を聞いた、子供達からでも本当の意味での夢を持ち、

 

そして大人達もその夢をバックアップしてあげることの

 

できる地域造り、国造りをして行く必要があると痛感しました。

 

この様にとても素晴らしい講演でしたので、質疑応答は

 

沢山の質問が寄せられ時間が足りないくらの盛況ぶりでした。

 

植松先生、素晴らしいご講演を頂き、ありがとうございました。

 

面白、可笑しくお話し下さる植松先生

 

また、平日かつ15:00という忙しい時間帯にも関わらず、

 お越し下さいました皆様、誠にありがとうございました。

 今後も東広島青年会議所は、地域の役に立つ活動を行って

 参りますので、暖かい応援を宜しくお願い致します。

 

東広島青年会議所メンバーの集合写真

 

関連記事