2019logo

2009年度 : 2009日本青少年友好使者代表団 (9/16~22)

21世紀東アジア青少年大交流事業の一環で
9/16~9/22まで中国を訪問しました。
日本から総勢約500名の代表団は、
政治/行政/経済/学術/文化芸術/メディア/大学生などの分野で、
5つの分団に分かれて各地を視察訪問しました。
私が所属したB分団(経済界)は北京→天津→青島でした。

【 9/16-成田国際空港→北京 】
10月1日が中国建国60周年のため、街中厳戒態勢でした。
宿泊したホテルも、入る度に金属探知ゲートを通って、
手荷物をX線に通さないと部屋に戻れません。
北京オリンピック前に話題になった大気汚染はひどかったです。
スモッグで覆われ太陽が見えません。
中国といえば、自転車が車道いっぱいに並んで走っている印象がありましたが
実際は車がとても多く、ものスゴイ渋滞です。
これって、
日本人がいまだに腰に刀をさしてチョンマゲしていると思われているように
時代錯誤の考え方ですね。
北京の交通マナーは「譲らない」
クラクションを鳴らし続けて、自分の道を進みます。
歩行者も車道関係なく、歩いているトコが歩道の勢いで歩きます。
安全確認は、気付いている方が譲らなければいけないので、
相手に気付かれないようにするみたいです。
結局この日は、成田からの移動で1日が終わりました。
今回の訪問は、視察や会合が主体のため観光はありません。
なので、
夜の自由時間に、天安門付近を散策してみました。
国内外から多くの観光客が訪れるなかで、
天安門前は雛壇が作られていて、
道路向かいにある広場は封鎖されて
式典の準備が行われていました。

【 9/17-北京 】
今日は午前中、家具センターを視察しました。
国内外の様々なメーカーの家具が販売されており、
家具の耐久性を試験するブースもありました。
ブース内は、湿度などの調整できて購入前に確認することができます。
午後からは、中国経済界代表団と日中経済発展の座談会をするため、
日本青年会議所からの参加者だけ別行動になりました。
北京国際飯店(飯店=ホテル)会議室に約30名が集まって、
様々な視点から意見が出されました。
夕方、中華全国青年連合会主催で歓迎レセプションが北京飯店で行われ、
初めて日本代表団500名が集って、
その他多くの来賓の方たちと一緒に
中国舞踊などの余興を披露いただきながら
食事をして交流しました。
歓迎レセプション

【 9/18-北京→天津 】
結局、食卓に北京ダックが並ぶことなく次の訪問先、
天津へ新幹線で向かいました。
天津まで116kmを最高時速330kmで走行。
あっという間に30分で到着すると
早速、天津市開発区の企画ホールへ移動して
これからの街づくりを
精巧な天津市の街区模型を前に説明いただきました。
その後、開発がすすむエコシティの視察です。
大きな工事が付近一帯で行われていて
ここでも精巧な模型を前に説明を受けました。
不思議だったのが、
こんなに広い国土なのに地下鉄の計画があること。
そういえば北京にも地下鉄がありました。

【 9/19-天津 】
午前中は天津市の投資説明会と日中経済シンポジウム。
投資する資金がないので話は省略。
午後、天津市の表敬訪問と
天津外国語学院訪問をしました。
学院で迎えてくれたのは日本語科の学生たち。
手作りの温かいもてなしは、中国訪問で一番の思い出となりました。
各班ごとに分かれたテーブルには、
天津甘栗、月餅などが並び学生たちの名札も置かれていました。
各テーブルで話が盛り上がり
私達のテーブルでも経済とは縁のない雑談で、終始楽しく過ごしました。
こうして、型にハマらない話をしてみると
中国人も日本人も関係ない、普通の20代の学生でした。
感心だったのは、
帰国にあわせてお礼のメールをいただいたり、
わからない言葉は用意していた電子辞書で、すぐ調べてたり、
私達への気配りも欠かさないばかりか、
礼節まで身につけていました。
心ある人達との交流は良い思い出となって
帰り際にいただいたお土産を握りしめ
みんな、後ろ髪を引きずられながら
バスで学院を後にしました。
天津外国語学院の訪問

【 9/20-天津→青島 】
今日は雨が降っています。
天津和平区新文化花園住宅団地を訪問して、
敬老会!?の人達が演劇を披露してくれました。
その後訪問した市民文化センター!?では、
年配の方や子供たちが書道をしており、
書き終えた書を贈り物としていただいた。
ここから青島まで飛行機で移動です。
青島はリゾート地として、
外国からの観光客も多く訪れる街とのことでした。
今までの都市とは雰囲気が違い、
何となく落ち着いた感じで、とても静かです。
クラクションが鳴ってない。
譲り合って運転している。

【 9/21-青島 】
太陽が見えます!
中国へ来て初めて陽の光をあびて、
とても気持ちよかったです。
午前中は、青島市表敬訪問に出席して
若手企業家座談会を行いました。
午後からは北京オリンピック:ヨットレース会場を視察して、
なぜかイオンモールへ。
日本では身近なマーケットも、
中国では富裕層のお店として賑っていました。
夕食は青島青年連合会主催の歓送レセプションに招待いただき
中国側とB分団がそれぞれ余興を行いました。

【 9/22-青島→成田国際空港 】
ハイアール本社を視察。
日本で言えばパナソニックのような大手の電化製品製造会社で、
タッチパネル式の液晶テレビ兼PCモニターなど
日本製品に負けないぐらいの製品を
数多く開発していました。

振り返れば早かった中国1週間の訪問。
共通していたのは環境問題への取り組みです。
CO2排出量が指摘される中国ですが、
日本同様に、「エコ」への関心が高まっていることを感じました。
今回は3都市の訪問でしたが
機会があれば
また中国へ訪れてみたいと思います。

総務渉外委員会(委員長:中友貴臣)