東広島青年会議所とは?

東広島青年会議所とはどのような団体ですか?
東広島青年会議所は、「奉仕」「修練」「友情」を活動の基本として、「明るい豊かな社会の実現」を目指し、東広島のまちに住み暮らす人々や子ども達の笑顔のために活動を続けている団体です。
1977年に広島県内で12番目に設立され、広島県では一番新しい青年会議所として誕生しました。
今年で40周年を迎え、2017年4月1日時点で、81名の現役会員を擁する青年会議所です。
どんな人が所属してますか?
小売・販売業、建設業、製造業、不動産業、士業など様々な職業の経営者を中心とした、27歳から40歳までの青年で構成されている団体です。
会員は相互啓発をはかり、公共心を養いながら地域との協働により社会の発展に貢献し続けています。
そして、東広島を愛し、未来の東広島をつくるという力強い意思を持った会員が、まちのあらゆる場面で活躍しています。
どんなことをしているのですか?
東広島青年会議所は、自分達の愛する東広島市のために活動するまちづくり団体でもあります。
青少年育成、会員資質向上、ボランティア、まちづくり、会員交流、会員拡大・広報など、理事長所信に基づき、1年間であらゆる社会貢献事業を企画展開しています。
それら社会貢献事業のために活動する委員会が組織され、その中で様々な役割を経験することが出来ます。
どんなものが得られますか?
東広島青年会議所の事業の企画・実施に当たっては、著名人の話を聞いたり、研修プログラムに参加したりしながら成長を重ねることができます。自らの役割を自覚し、経験を積むことで自己のスキルアップに繋がります。それを自社の経営や会議運営に役立て、限られた時間や予算の中で結果を引き出すプロセスの勉強になります。
さらに、東広島青年会議所には多種多様な分野で活躍するメンバーが集まっています。メンバー同志がそれぞれの価値観を尊重し合い、共に議論し、苦労する中で、大きな達成感や喜びが生まれ、本当の友情が芽生えます。
このように、東広島青年会議所では活動を通じて仲間との友情や自己の修練が得られます。
そんな私達の成長が東広島市のまちの発展に繋がっています。


▲ ページ上部へ戻る